【じぶんデザイン】空飛ぶ未来の車の案件【みらいのおしごとずかん】

マーリー
こんにちは。今日も生徒さんと一緒に元気に未来のお仕事について考えていきたいと思います。
よろしくおねがいします。
Kio
「よろしくお願いします。」
マーリー
この企画では、未来にどんなお仕事がありそうですかねぇ?ということについて自由気ままに想像をふくらませていきます。今日はどんな未来の仕事がありそうですか~?
Kio
「空飛ぶ車を作る仕事とかあったらいいね。ロマンある。」

画像2

Photo by Skyler Smith on Unsplash

マーリー
いいですね~。空飛ぶ車。今あるトヨタや日産などの車メーカーが空飛ぶ車を作ったり、売ったりする仕事に変わっていくのかな。空を飛ぶ車のニーズって、今の車と何か変わるのかな。空飛ぶ車と一般車が売っていたとして、どっちを買う?
Kio
「一般車かなw僕高いとこ苦手だし、そもそも空とぶ車が通るところがどうなっているかわからないし。」
マーリー
まぁ、じゃあそれを考えていこうか。なんか、今の想像だと空を飛べるものをみんなが運転している状態ってカオスだよね。危険そう。交通問題は出てくると思う。
Kio
「交通問題に自動車と違って、空中だから墜落のリスクがある。」

Photo by Jens Johnsson on Unsplash

マーリー
うんうん、一般車は追突とか、衝突事故がもちろんあるけど、空飛ぶ車でそんなことあったらもう大変だよね。ぼかーーーーんって、大爆発して町に車が降ってくる…なんていうのは危険すぎるよね。そもそも空の道って作るのかなぁ?どう思う?離着陸問題もあるよね。
Kio
「空の道は暗い夜でもわかりやすく見えるような光る棒みたいなもので道を表現すればいいと思う。あと離陸は道路から空中まで登ってカタパルトでビューンと飛ばされるイメージで、着陸するときはヘリポートのような場所を使って、エレベーターみたいに道路に降りてくるっていうのはどうかな?」
マーリー
あー、つまり空中を走る車のための駅のようなものを作るイメージだね。飛行機がカタパルトでバシューーーンって打ち上げられるのはすでにある技術だから、着陸をオートメーションできれば一般人でも運転できるようになるかもね。まぁ、空飛ぶ車、普通の車とは違う免許は絶対必要になるよね。安全性を高めるにはどんな技術が必要だと思う?
Kio
「AIの性能上昇かな。人間が運転したら絶対に事故ると思う。それに今のAIだったら人間と同じように絶対に事故る。それを考えるとやはりAIの性能を上げることが大切。」
マーリー
なるほどね。発展形のAI運転があれば人間が運転する必要すらないね。むしろそっちのほうが安全面考えると絶対必要かもしれない。飛行機はすでにあるけど、飛行機にはみんな乗らなくなるのかな?
Kio
「うーん。難しいね、今のバスみたいな感じで大人数が乗るように飛行機はあるんじゃないのかな?それだったらバス飛ばしたほうがいいと思うけど。」
マーリー
いや、バス飛ばすなら飛行機使えばいい気がするけど。ああ、でも空飛ぶ車があれば空港に行かなくてもいいっていうメリットはあるから、空飛ぶタクシーくらいはありそうだよね。あと、勝手にほかの国に行けちゃったりするけど、それはやばそうだよね。
Kio
「逆にさ、自由に色々な国に行けるようにすればいいんじゃないかな?」
マーリー
いやぁ、それには世界が統合されないと無理だよね。コロナウイルスとかでもあるように、人間や動物が自由に行き来できるようになっちゃうとそれはそれは、恐ろしいことが置きそうだよね。空港とか検疫は絶対必要な気がする。
Kio
「そっかーやっぱむずかしそうだね。」
マーリー
現実的には、空飛ぶ車ビジネスが生まれるためにはAIで自動運転が100%安全になることが第1条件。そして、次にいよいよ、そらの 交通整備なんかが必要かもね。道は遠いな~!
Kio
「実現できるといいね。車が飛ぶとかめっちゃ人間のロマンだねー。」
マーリー
では、気になるお値段は!?
Kio
「600万円!中古で400万ぐらい!」
マーリー
確かにそのくらいの価格に落ち着いてくれないと大衆化は難しそうですね。

以上!

Even so, while we've seen by now: simply because these watches are without any fake richard mille mention does not necessarily mean they can't be immediately acknowledged as produced by Moser So it has been this kind of uniqueVenturer Notion Only Watch.