【じぶんデザイン】香川県のゲーム条例について僕が思うこと

どうもこんにちはkioです。今回は香川県のゲーム依存症対策案としてゲームは1日1時間などの決め事をして問題になってますよね?

実際にどんな意見があるのでしょうか?

条例反対派の意見は「子供の人権侵害」「プロになるチャンスを失ってる」などを主張しています。

例えばこれをサッカーに例えるとどうでしょうか?自分はプロサッカー選手になるために練習したいのに法律で練習1時間と制限されることでチャンスを失ってしまいます。
この意見に対して僕は「確かに」と思う部分と「それはどうかな」思うという部分があります。まずみんなプロゲーマーになるわけじゃないし普通に遊びや趣味でやってる人が多い
と思います。

賛成派の意見は「子供の時期はゲーム以外のこともやってほしい」という意見が多いみたいです。やっぱり子供が1つのことだけをしていると心配になりますよね。
例えば学校の勉強で考えると、自分の子どもが「算数しかやらない」と言われたら大人はほかの教科もやってほしいと思いますよね?
僕は最初からゲームをやるというのはだめだと思うけど、いろいろ試した結果自分の特技がゲームだったらやってもいいんじゃなんでしょうか?

まとめ

僕はこれらの理由からルールは県とかが決めるより家庭で決めたほうがいいと思います。なぜなら子供によっていろんなタイプがいるからそれにあった制限を家庭で決められたほうが子供に合わせてルールが決められるからです。

むしろ、ゲームの時間を制限する法律よりも「家庭でゲームのルールを決めないといけない」という法律を作ったらいいんじゃないでしょうか?

以上です。

ネットスクールやってます。

自宅からルミオハナの個別学習にアクセスできるネットスクールをやっています。
学習習慣の指導や英語の試験対策、個人の研究サポートなど。
一人一人のやり方にカスタマイズしますので、まずはお問い合わせください。