はじめに

今、子どもたちに何ができるか

日々、世界の常識は変わってきています。

公教育や進学塾のように、ある種の「正解」に向かって突き進む教育の時代は終わろうとしています。

これからは、子どもたち一人一人が「自分の正解」を見つけ、生きていく時代です。

答えのない社会はすでに始まっています。

自分の人生を能動的にデザインしていくこと。

まなびスペースはそういった「生きる力」の育成を目指した少し変わった空間です。

「自分で」決める。自立学習を大切に

「教える」「詰め込む」よりも「伝え」「引き出す」

まなびスペースでは、子どもたち自身によるスケジュール、時間の設定、目標の具体化を通し、自立した学習者の素地を育成します。

「先生と生徒」ではなく、「家族」の目線で

「大勢のうちの一人」としてではなく、「親がわが子を見るように」

まなびスペースでは「その子」の個性と向き合い、一人ひとりに合わせた具体的な学習方法の提案やスケジュールの設定サポートを行います。

また、学習指導要領に則った基礎学習はもちろん、子どもたちが自分の興味と向き合い、考え、行動することの大切さを伝えるプログラムを用意しています。

「好き」を“ちから”に

まなびスペースの一番のポイントはテーマ学習(じぶんデザイン)です。

一人ひとりの「好き」を伸ばし、自信や専門知識といった「ちから」に変えます。

このプログラムを通して、子どもたちの中で課題を設定・解決していく力が養われます。

知識を得るための道具として、インターネットの使用も積極的に教え、デジタルリテラシーの育成も同時に進めます。

保護者の皆様と二人三脚で

私たちがご用意しているのは「環境」「きっかけ」です。

最終的に子どもたちを力強く動かすものは、家族からの「いいね!」であると信じています。

保護者へは日常的な学習状況のフィードバックを含めたコミュニケーションを積極的に行い、協力してお子様の成長をサポートしていきます。

教育に即効性を求めず、成長を一歩一歩見守る姿勢

Safe Place for Learning

まなびスペースは安心、安全な第2の家庭です。

私たちは、いつでも寄り添い、支える存在でいたいと思っています。

学校での基礎学習に加え子どもたちが「興味・関心」を深掘りし、それぞれの「強み」「自信」へと変えていく。

 雑談から、悩みまで、どんなことでも話せる場所です。

子どもたちの人生はよりカラフルで幸せなものになる

私たちはこれを強く、信じています。

 

Even so, while we've seen by now: simply because these watches are without any fake richard mille mention does not necessarily mean they can't be immediately acknowledged as produced by Moser So it has been this kind of uniqueVenturer Notion Only Watch.