【ブログ】ものの見え方について

    先日、中学生のときに聞いていた音楽が無性に聞きたくなってツタヤに走りました。

    日本のロックバンドでかなり有名なので「あーこれこれ!」って感じで当時のままのジャケットを見てけてテンションもあがり・・・。

    すぐにパソコンにおとして聞いてみたんです。でも、なんか、「あれ?」って感じでなんかあの時のノリじゃないって思ったんですね。

    15年くらい前の音楽だから音質とかは最近のものより劣るのは当然なのですが、それにしてもなんだろ、動かされるもんがない。

    歌詞もなんか恥ずかしいとか思ってしまい、そんな自分にちょっとショックだったんですよね。

    年齢が上がって経験値が増えると、世の中の見え方とか感じ方は変わるんだなあと。なんかそういうのをモロに感じてしまった体験で。

    「夢が!」とか「行くぞ!」とかそういうなんだろうな、向こう見ずなスタンスに気持ちが冷めちゃってる自分がいました。

    ただ中学生のときにビビッときたのは事実で、あれは何だったのかと。

    小中学生の時の自分と今の自分、変わったものは色々あると思うんだけど、じゃあ今の子どもたちと僕とでも分かちあえない感動みたいのもあるんだろうなあとか思って少し悲しくなりました。

    といっても、わからないもんはわからないんだよね。お互いに。笑

    この辺に子育てとか教育の難しさってあるんだと思います。

    そういう話。